美肌とビタミンCの関係

こんにちは!最近暑くなってきましたね!
梅雨が明けたら夏本番!!ということで、本日は「美肌」と「ビタミンC」についてお話しさせて頂きます。

「美肌」と聞けば、白い透明感のある肌を連想される方が多いと思います。シミやくすみの無い肌は女性にとって憧れですよね!

私もシミやくすみが気になる年齢ですので、日々気をつけていることが色々あります。
その中でも、一番気をつけていることが紫外線対策です!

  • ビタミンCを積極的に摂取する
  • 外出するときは日焼け止め+日傘が必須
  • 屋内にいる時も日焼け止めを塗る

皆様それぞれ美肌でいることに努力されていると思いますが、紫外線の肌への影響は大きいので対策してくださいね!

ビタミンCと紫外線の関係

紫外線を浴びると起こるお肌の反応

  1. メラニン色素が発生し、肌を黒くしたりシミになったりします。
    ビタミンCは、このメラニン色素になる前のチロシナーゼ活性酵素を阻害してくれます。
  2. 活性酸素ができ、シミ・ソバカス・シワ・乾燥など肌の老化が進みます。
    ビタミンCは抗酸化作用があるので、肌の老化の原因となる活性酸素の働きを抑制すると言われています。
  3. コラーゲン成分の減少が起こりシワ、タルミ、肌荒れが起こります。
    ビタミンCはコラーゲン産生に欠かせない成分で、プルッとしたお肌を作り出します。

ビタミンCを摂ることで、健やかなお肌を保てるということですね!

美肌に必要なビタミンCの量

美肌でいる為に必要なビタミンCの量は、1日に2000㎎と言われています。
しかし、2000㎎をすべて食品から摂取するには、なかなか大変なので食事の補助としてサプリメントもおすすめです。

患者様からの質問にお答えします

Q.ビタミンCは1日100㎎摂るようにと何かで読んだことがありますが、2000㎎も必要なのですか?

A.1日100㎎と厚生労働省が定めているのは事実です。しかし、これは壊血病といわれる病気を防ぐためなどに定められた最低限の量です。
美肌であるための紫外線対策や、抗酸化作用を目的とするには、2000㎎以上必要とされています。

Q.ビタミンCは日焼けするから朝に摂ってはいけないと聞きましたが、サプリメントも朝はダメですか?

A.レモンなどの柑橘類には、「ソラレン」という物質が含まれており、それが紫外線を吸収する働きをします。なので、日焼けをしたくない方には紫外線を浴びる日中は柑橘類の摂取はおすすめしません。
日中は「ソラレン」を含まない食品からビタミンCを摂ることをお勧めします。(例・赤ピーマンやゴーヤなど)

サプリメントに関しては、ほとんどのものが「ソラレン」を含まないので朝に飲んでいただいても大丈夫です。サプリメントの「ソラレン」が、ご心配な場合は成分を確かめてから摂取してくださいね!

ビタミンCはメラニンの合成を抑制する働きがあるので、紫外線の強い季節は朝に摂取することでシミ予防が期待でき、夜に摂取することでコラーゲン産生が期待出来そうですね!