羽曳野市でこの道10年以上の経験豊富な女性施術者による鍼灸治療。

野の花鍼灸院


腰痛について

ぎっくり腰(急性腰痛)youtuu 

・運動不足などで腰の筋肉や腰部の関節に柔軟性がなくなり、かたくなった状態で長時間の運転や前かがみの姿勢、あるいは後ろの物を取ろうとした時などに急激な激しい痛みを感じる。

・前かがみの姿勢をとると痛みが再現したり、時には何日も歩行困難になることがあるが、安静にしていれば、3週間から4週間以内に回復することが多い。

・激痛があっても、画像診断(X線など)では骨・椎間板・神経などに変異がない。

また寒い場所での作業や、筋緊張を伴うような作業、精神的緊張を伴う作業などは腰や背中の筋肉に負担・疲労を生じやすく、急性腰痛を繰り返すことで、慢性の腰痛に移行したり、椎間板ヘルニアを併発することもあります。

慢性腰痛

何がきっかけで、痛みの始まりがいつかわからない。激しい痛みではなく不快な重い痛みが慢性的にダラダラと続いたり、治まったりを繰り返します。急性腰痛とは違い、安静にしていても治る可能性は低いと考えられます。慢性腰痛は原因が解るものと、解らないものがあり、老化現象として発生したり、神経のどこかで障害が起きているような神経性のものは、坐骨神経痛などと診断されます。神経以外の骨や筋肉に原因があると判断した場合、腰痛症と診断されます。

椎間板ヘルニア

・椎間板の一部が飛び出すことで神経を圧迫し痛みが生じる。
・腰痛や臀部の痛みに加え、脚の痺れや脱力感などといった神経症状を伴う。
・座ったり無理な姿勢を続けると痺れや痛みが強くなる傾向がある。
・「急性型」は急な激痛が起こり、「慢性型」は鈍い痛みや痺れが長く続きます。

度合いによっては外科手術が必要な場合もあるので、まずはMRI画像診断を受けることが必要です。


筋・筋膜性腰痛

激しい運動を続けたり、腰への負担が大きい姿勢や動きなどで筋肉の疲労がたまると、腰のコリや張りという軽度の症状から始まったり、ぎっくり腰のような突然激しい痛みから始まることもあります。腰の筋肉の使いすぎです。

施術方法

一言で腰痛といっても様々な原因があり、それによって施術方法も変わりますので、それぞれ最適な方法で施術致します。


野の花鍼灸院のご案内

住      所:

〒583-0856
大阪府羽曳野市白鳥1-1-16
コーポ古市102

アクセス:
近鉄南大阪線古市駅より徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
072-951-2666
受付時間:
午前診 9:00~12:00
午後診 14:00~19:00
定休日:
月曜日・火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ