羽曳野市でこの道10年以上の経験豊富な女性施術者による鍼灸治療。

野の花鍼灸院


肩こりについて

肩こりとは

主に、首から肩にかけて「重い」「だるい」「突っ張った感じ」「痛い」などの慢性的な症状です。ほとんどの方は、肩の上部から肩甲骨の内側のエリアに「コリ」を感じます。それは肩の一番表面にある僧帽筋という筋肉が緊張し過ぎる為に起こります。筋肉の過緊張が長く続き痛みなどを放っておくと、頭痛や腕の痛み、痺れなどの症状が起こる場合もあります。

肩こりの原因
katakori

 1・運動不足

酸素や栄養素は血液により全身に運ばれます。血液循環は心臓のポンプ作用で行われますが、筋肉の収縮・弛緩の作用にも同じ働きがあります。運動不足により筋力が低下し、血液循環が悪くなると組織に酸素や栄養分が十分に運ばれません。その結果、疲れ易い、肩がこるなどの症状が表れます。

特に長い時間のデスクワークや、同じ姿勢を続けながらのパソコン作業、そして近年増加傾向にあるスマートフォンの長時間使用は、ほとんどの人が下を向き、肩をすぼめる姿勢になります。同じ姿勢を続けることで首から肩の筋肉が緊張し疲労物質がたまるので、肩こりが起こります。

2・眼精疲労

パソコン作業で、細かい文字を見続けると、目の周りの筋肉が疲労します。また、まばたきの回数が減る事によりドライアイになり眼精疲労が起こります。眼精疲労が肩こりの原因となることもあります。

3・ストレス

精神的なストレスが、胃潰瘍や過敏性大腸症候群、高血圧などに関与することはよく知られていますが筋肉にも影響し、首や背中の緊張を起こさせ肩こりの原因になることも多く見られます。そしてストレスによる自律神経の乱れが交感神経を優位にし筋肉・血管を収縮させ血行を悪くし、この状態が長く続く事により肩が凝りやすくなります。

4・体系

よく外人は肩が凝らないと言われていましたが、日本人は欧米人に比べ首から肩にかけての筋肉や骨が細い割には頭が大きいという特徴をもつため、頭の重みを支える筋肉が緊張し肩こり人口が多いと言われています。




野の花鍼灸院のご案内

住      所:

〒583-0856
大阪府羽曳野市白鳥1-1-16
コーポ古市102

アクセス:
近鉄南大阪線古市駅より徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
072-951-2666
受付時間:
午前診 9:00~12:00
午後診 14:00~19:00
定休日:
月曜日・火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ